イメージ画像

下取りと息子と

車の免許を取って初めて購入した車、私が結婚する時も車と一緒でした。2人暮らしだった時はそんなに不都合もなかったけれど、子供が生まれると、ツードアの車は何かと不都合がたくさんあります。それでも大事に乗っていた車でしたが、やはり年月と共に故障がちになってきてしまい、新車を購入することに決めました。 お子さんが生まれて車を買い替えるひとってすごく多いんですよね。

ディーラーで今まで乗っていた車を下取りしていただき、今度は家庭向けの4ドアの軽自動車を購入する事にしました。車は小さくなるけれど、今まで乗っていた普通車よりも室内や後部座席が広い事に大満足です。これなら子供も快適なのではって勝手ながら思ってしまっています。長年乗った愛車を手放すのは寂しいですが、それ以上に新車に乗ることのできる喜びの方が大きかったのが正直な気持ちです。

待ちに待った新車が納車される日がきました。主人と私、まだ言葉もろくに話す事もできない息子の3人で納車された車を見ていました。説明を受け、今まで乗っていた愛車をディーラーの方が引き取りのため乗って帰られました。その途端、息子が大泣きします。幼いながら、自分の大切な車を知らない人が乗って行ってしまった事にショックを受けたようです。なだめるのにとても苦労したが、それと同時にやっぱりこの子は優しい気持ちを持った子なのかなって思ってちょっぴりうれしくなりました。でもちょっと笑ってしまう思い出ですよね。

>>ちなみに下取りより買取の方が高く売れるって最近知りました。


「下取りされた車|中古車査定サイト」について
中古の家でも買えてしまいそうなBMWのお値段に驚きと同時に尊敬の念も。。

このページの先頭へ

口座開設の流れ