イメージ画像

大家さんのBMW

私が住んでいるアパートの大家さんは、BMWに乗っています。その大家さんはまだ30代後半くらいの大家さんとしては比較的若い男性で、私とも仲良くしてもらっています。

 その大家さんの話では、BMWを念願叶って買ったそうです。新車のBMWがいったいいくらするのかあまりにも想像がつかない世界だったので聞けなかったのですが、大家さんの話を聞いている限りでは相当無理をして買ったということでした。 ちゃっかりインターネット上で調べてみたところやっぱり1,000万円前後はしてしまうみたいですね。

大家さんってそんなにもうかるんだろうか?って野暮なことを思ってしまうのも無理はありませんよね。

だってまだ30代とかですから。

 ただ、それだけ無理をして買ったというだけあり、すごく大切に扱っているというのがよくわかります。私が住んでいるアパートの部屋から大家さんのガレージが見えます。だいたい土日祝日になるとそのガレージからホースで水を流す音が聞こえてきます。それは、大家さんがBMWの洗車をしているときの音です。

 そうやって車を大切に扱うところが大家さんにはとても好感がもてますし、だからこそ尊敬もしています。ですので、私も車を持つようになったらそうして大切に扱いたいです。

ただ、昔付き合っていた人に言われたのは「大切にする」ということはなにも磨いたり、大事にしたりということよりも「長く使ってあげる」「できるだけ使ってあげる」といことが大事なんだよっていうことでした。

はーなるほどなって思ったのですが、そういう人ってほとんど洗ったりしているので同じような意味になるのでは?って感じています。


「BMWに乗っている大家さんの話|中古車査定サイト」について
中古の家でも買えてしまいそうなBMWのお値段に驚きと同時に尊敬の念も。。

このページの先頭へ

口座開設の流れ